水研ぎ    600番

ウレタン乾燥しましたら 600番の水ペーパーで研ぎます600番あらかた研いだ後

800番に替え浮きを包み込む様に全体を研ぎます最後にボンスター00000番で全体を

包み込み研ぎます

室温が低い今の季節 ウレタンの乾燥が遅く成ります 約48時間放置しました

水研ぎしペーパーにウレタンの研ぎカスがこびり付く様ではウレタンの乾燥が足りません

研ぎ残しの無い様 研ぎ過ぎ無い様に気を付けて丁寧に研ぎます

しかしこの工程 単純其の物 ただ研ぎ続けるだけです 根気との戦いです

自身あまり好きな工程では有りません 時間の発つのが長く長く感じます。
a0129999_18255777.jpg
a0129999_1826163.jpg
a0129999_18264065.jpg
a0129999_1827058.jpg

# by ukiya-setugekka | 2009-11-30 18:27 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き  ウレタン 塗り

銘入れ 金線引き 印判シール貼り ウレタン押さえ

この工程が済みましたら ウレタン塗り 3回塗ります

1回目2回目シンナー基材の2割程で薄めます 良く延ばしタレの無い様に

2回塗り重ね 2~3時間乾燥させ 3回目の塗りですシンナー3~4割りに増やします

筆の滑りが悪いので 良く気を付けてタレ ムラの無い様に塗ります

此処まで来れば仕上がりが見えて来ます 

寒く成り 室温も下がりウレタンの乾燥が悪く成ります ゆっくり焦らず時間をかけて

仕上げます。
a0129999_1822484.jpg
a0129999_18231332.jpg
a0129999_1823382.jpg
a0129999_1824428.jpg

# by ukiya-setugekka | 2009-11-28 18:24 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き   金ライン引き

銘を入れて乾燥さし 色の境にラインを引きます 旋盤のチヤックにつかみ回転

させ金のラインを引きます 水性のポスターカラーです

水で薄め 面相筆で引きます 面相筆そのままでは少し太すぎるので

少し毛をすきます 軽く浮きに当てラインが太く成らない様 気を付けます

  銘 木枯らし  脇名に雪月花と入れました。
a0129999_18362463.jpg
a0129999_18365176.jpg

# by ukiya-setugekka | 2009-11-27 18:37 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き  足塗り

足側の塗り 足カーボンには塗らず 羽根下
a0129999_20231060.jpg
a0129999_20234779.jpg
a0129999_20244428.jpg
a0129999_20251791.jpg
部分のみ色入れをしました

色 何時ものの様に迷います 何色が良いのか一番楽しい時間です

前日からあれこれと悩みます 少し派手に? 渋く? 悩んだ末

黒色に一番無難 誰からも良く見えます しかし黒色 簡単な様で一番難しい色です

浮き本体の出来が悪ければ 見栄えしません 派手な色は色でごまかせます

黒色思い切って 使用しました 従来のデザイと少しだけ変えています

           茶系の墨流し 雲竜と良く合い 渋く仕上がります。

# by ukiya-setugekka | 2009-11-26 20:25 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き  墨流し  雲竜

墨流し 各一本 一本模様が違います どれを見ていても飽きません

浮き作りの工程で一番楽しい時間です 墨流し同じ色を使用してもそれぞれ個性的に

仕上がります 今回 茶色系でまとめて見ました。

                茶系  墨流し  雲竜。
a0129999_18584289.jpg
a0129999_18592962.jpg
a0129999_190365.jpg
a0129999_190322.jpg
a0129999_191498.jpg

# by ukiya-setugekka | 2009-11-25 19:01 | へら浮子制作 | Comments(0)