<   2012年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

思い出

18歳の思い出 関東で初めてヘラ釣??をしたのは18歳の夏 茨城県 牛久沼です

農家の方にお願いして わずかな お礼で田舟??をお借りし友人と 沼 始めて見ました浅くてね

竹竿を底に差して進むんです で 此れが大変 船は前進 自身は竿が抜けず ともすればドボンです

夏の季節に何を勘違いオダ釣ハリスは掛かりでブツブツ 釣れるのはマブナ でも デモ 最高に

楽しかった 今も時々思い出します 釣とは関係なしですが 当時の流行 新宿地下 ヒッピー

渋谷 ヘアー 大好きだった寺山修二 宝塚 出身の横尾忠則 有楽町 日劇 ウエスタンカーニバル

夏 ふと 思い出しますお酒飲んでスーパーマンに変身して…。

by ukiya-setugekka | 2012-08-30 19:27 | 雪月花より | Comments(0)  

へら浮き 木枯らし 銘入れ

神戸 朝方 少し秋の感じ朝顔はまだまだ元気

狭山釣池センターに収める木枯らし 銘入れの工程まで来ました 銘を書き込み印判はシールです

貼り付けましたら良く押さえ羽根と密着させますすき間が有りますとウレタンがしみ込みシールが浮き

上がります鏡面に貼り付けるのが理想ですが銘の書き文字が載りませんのでややこしいですネ。
a0129999_1215469.jpg
a0129999_12155364.jpg
a0129999_12155972.jpg
a0129999_1216555.jpg
a0129999_12161128.jpg
a0129999_12161655.jpg

by ukiya-setugekka | 2012-08-30 12:16 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き 三枚合わせバリ取り

神戸 少し秋の風でも暑い

三枚合わせのバリ取り 途中で止め木枯らしの製作に改めて残りのバリ取りです 三枚合わせの

溝の接着剤 落とし難いので前回の通りカッターナイフの刃で削ぎ落としますペーパーですと

疲れるだけですね ついでに肩のバリ ボデー全体のバリ取りを済ませ このあと通常の通りに

ペーパーをかけますカッターナイフの刃でバリは取れますが 羽根の小さな凸凹は取れません

やはりペーパーを最後に。
a0129999_19184198.jpg
a0129999_1918473.jpg
a0129999_19185464.jpg
a0129999_1919056.jpg
a0129999_19191018.jpg

by ukiya-setugekka | 2012-08-29 19:19 | へら浮子制作 | Comments(0)  

木枯らし 墨流し

神戸 何時まで続く暑過ぎる夏

狭山釣池センター社長 中溝様からの当池 9月釣り大会用 賞品に御使用に成られる木枯らし

墨流しの工程まで来ました墨流し マーブル模様 何時見てもキレイデスね 飽きが来ませんね

製作 観賞していても見飽き無いのです 金のハチマキ 銘要れと工程は進みます。
a0129999_12303363.jpg
a0129999_12304046.jpg
a0129999_12304749.jpg
a0129999_12305368.jpg
a0129999_123106.jpg
a0129999_12316100.jpg
a0129999_12311112.jpg


遊び心 別に夜中に口紅塗ってスカートはく趣味は有りませんよ間違っても勘違いシナイデネ。
a0129999_12332166.jpg
a0129999_12332877.jpg
a0129999_12333537.jpg

by ukiya-setugekka | 2012-08-28 12:34 | へら浮子制作 | Comments(4)  

三枚合わせ 溝バリ取り

神戸まだまだ夏 いい加減にしろ夏
a0129999_1832236.jpg
a0129999_18322954.jpg
a0129999_18323587.jpg
a0129999_18324129.jpg
a0129999_18324849.jpg
a0129999_18325517.jpg
a0129999_1833188.jpg
a0129999_1833689.jpg
a0129999_18331271.jpg


三枚合わせ接着剤のバリ取り合わせ目が二枚と違い溝になっています ペーパーでは落とし

難いのでカッターナイフの刃を立て気味にそぎ落とす感じですね羽根を痛め無い様に気を付けて

丁寧についでに肩四つ割りの接着剤もカッターナイフの刃で同じ要領でそぎ落とします後は

通常通りペーパー150番~180でこすり落とします。

by ukiya-setugekka | 2012-08-25 18:33 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き 塗り

木枯らし 狭山釣池センター 9月 大会用賞品 木枯らし バリ取りを済ませトップ取り付け

ウレタン塗りです 忙しく注文に追われた良き時代はこの感じで製作していました 朝 9時~夜中2時

まで それでも注文に全て答える事は無理の無理 製作しました浮きどう分けて取引先に収めるか

いくら製作しても売れる 売れる そんな時代はもう 夢ですか。
a0129999_18571450.jpg
a0129999_18572356.jpg
a0129999_18573278.jpg
a0129999_18573820.jpg
a0129999_18574715.jpg
a0129999_18575486.jpg

by ukiya-setugekka | 2012-08-24 18:58 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き バリ取り

神戸 ひつこく しつこく夏 早く来い秋 秋

木枯らし 接着剤が硬化 乾燥しましたボデーの巻き糸を解き接着剤のバリ取りですペーパーは

空研ぎ150番~180番 最初に肩 足の付け根(ボデーと足)の接着剤を取り除きます補強 おまじない

の意味でアロンを一滴 落とします 別にアロンを流さずともパンクする事は有りませんがね

木工用ボンドを使用しての接着は必ずアロンは必要です出来れば補強糸を巻くのがベストです

製作技術にもよりますがね…。
a0129999_12142096.jpg
a0129999_12143387.jpg
a0129999_12143987.jpg
a0129999_12144615.jpg
a0129999_12145277.jpg

by ukiya-setugekka | 2012-08-24 12:15 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き 接着

神戸 地蔵盆 直に秋 夕焼けの季節

三枚合わせ 木枯らし二枚い合わせ接着です室温が高いので接着剤は少量づつ混合します

30分硬化型を使用していますが慣れない内は普通12時間タイプが使いよいですネ

良くセンターを見て確認 センターズレの曲がり真直ぐ センターは出ていてもボデーがグニャグニャ

これは廃棄します24時間で今の時期でしたら硬化します三枚合わせの溝の接着剤のバリ取りは

余り硬化が進みますと落とし難く成ります早めに取り除く事が肝心ですネ。
a0129999_18324318.jpg
a0129999_18324957.jpg
a0129999_18325540.jpg
a0129999_1833392.jpg
a0129999_1833988.jpg

by ukiya-setugekka | 2012-08-23 18:33 | へら浮子制作 | Comments(2)  

へら浮き 木枯らし

神戸 真夏 直ぐに地蔵盆 過ぎれば秋に

狭山釣池センター賞品用にご注文頂いた木枯らし 生憎の在庫切れで在庫分用と合わせて製作

肩の四つ割を済ませ仮巻き この状態でセンターの出無い浮きは廃棄します後々 仕上がってから

では 廃棄しにくく成ります各工程の練習用でしたら仕上がり出来不出来にかかわらずに製作を進めます。
a0129999_18442051.jpg
a0129999_18442820.jpg
a0129999_18443486.jpg
a0129999_18444060.jpg

by ukiya-setugekka | 2012-08-21 18:44 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き 三枚合わせ 角度切り取り



三枚合わせ 角度切り取りです 一片60度 120度に切り取りです木型に両面テープを貼り付け

羽根を固定します木型を使用する事で均等性 高基準の三枚合わせが出来ます。

by ukiya-setugekka | 2012-08-16 21:40 | へら浮子制作 | Comments(0)