<   2012年 02月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 

へら浮き 裏骨

神戸 雨上がり

お店からの注文浮きです5ミリ径ストレートタイプ 選別羽根を寸法切り 裏骨を外します

少し前まで日本剃刀で切り取っていましたが最近は片刃のカミソリです 不精です

裏骨を外し ヤカンの蒸気に当て水分を補給しUの字型に指で潰し製形器に差込 5ミリ径に

分攻めします 他の浮き師さんは骨を付けたまま成型する人がいます 骨を外しますと

羽根は方向性を無くし暴れるのが理由ですでも最終的には二枚合わせの場合は裏骨を外します

遅いか早いかですネ人それぞれ。
a0129999_12305.jpg
a0129999_12382.jpg

by ukiya-setugekka | 2012-02-29 12:03 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き 40年デビュー作品?

ラジオから40年前の出来事 浅間山荘事件 この日あけぼの釣具店の事務所で釣り友 先輩達

とテレビに釘付けで見ていた事を思い出しましたあれから40年ですかあけぼの釣具店に

出入りしていた時は雪月花銘ですでにプロでした 雪月花を名乗ったのはあけぼの時代から

その前は別名でした その時の浮きが今も手元に有ります仲間に頂いた浮きです製作者は

もちろん私です40年以上前の浮きです 羽根5ミリ径二枚合わせソリッドトップ 研ぎ出し

何も変っていませんね 浮き作り40年製作しても何もかわら無いのですかね…。
a0129999_21103732.jpg
a0129999_21104577.jpg
a0129999_21105293.jpg

by ukiya-setugekka | 2012-02-28 21:10 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き 羽根選別&寸法切り

神戸 晴れ 春 いかなごの釘煮の香り

ご注文浮きの寸法切りです 5ミリ径と細手のストレートボデー羽根材は細くなるほど

良材は少なく成ります 6ミリ径前後の羽根を5ミリに分攻め 5,5ミリ径位で長めの羽根が

あればベストなのですが…最近はあまり見かけませんね 寸法の短い小羽根で細い羽根は

いくらでも有るのですが殆んどダメですネ羽根も最近は太いですネ孔雀の餌の加減ですか

栄養の有る餌を食べれば羽根も太く成るそうです餌の栄養価が低ければ羽根も全体に細い

そうです最近の孔雀良い餌 ご馳走ばかり食べているんですかね??ウソの様な本当のお話。
a0129999_1221344.jpg
a0129999_1221101.jpg

by ukiya-setugekka | 2012-02-28 12:21 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き 特別作品 からす

神戸 春は海から 神戸名物いかなご漁解禁

特別作品 からす 黒羽根です上部の絞りを除き木型のみで製作しています型に差込

余分を切り取り二枚合わせて仮巻き熱成型していませんので糸で巻き付けしばらくの間

放置しくせを付けました今回は上部の絞りですガラス成形器を使用しくせ付け 絞りが1,5センチ

以下ですと成形器を使用した方が無難です2センチ以上の絞りですと木型割り二枚割で製作

可能です 足は丹波産雲紋竹四枚貼りです。
a0129999_1853223.jpg
a0129999_18531078.jpg
a0129999_1853163.jpg
a0129999_18532379.jpg
a0129999_18533533.jpg
a0129999_1853444.jpg

トラフ紋 5,5ミリ径 高野竹籐飾り巻き。
a0129999_1855197.jpg
a0129999_1855939.jpg
a0129999_18551669.jpg

by ukiya-setugekka | 2012-02-27 18:55 | へら浮子制作 | Comments(2)  

へら浮き 注文浮き

神戸 小雨

お客様に御注文いただきました浮きの仮巻きです今回の製作浮きは全てガラス 樹脂成形器を

使用せずに木型のみで製作しました木型の精度が高ければ成形器に頼る必要は無く製作出来ます

足は色々 高野竹 真竹二枚張りと楽しいですネ自身の好きな浮きが製作出来る手…。
a0129999_19532990.jpg

小山釣具店様 頑張って製作していますので…。
a0129999_19542891.jpg
a0129999_19543554.jpg
a0129999_19544876.jpg

遊び心。
a0129999_19553581.jpg
a0129999_19554392.jpg
a0129999_19555684.jpg
a0129999_1956373.jpg
a0129999_19561049.jpg

by ukiya-setugekka | 2012-02-25 19:56 | へら浮子制作 | Comments(2)  

へら浮き 足色々

足の製作 丹波雲紋竹 四枚合わせ 高野竹籐飾り巻き 高野竹そのままでは使用出来ません

ので1,2ミリのドリルで穴を広げます その穴に1,2ミリ径のカーボンを差込ゴム差し先端

部分 羽根との接点部分に1センチほど籐を飾り巻きします 羽根内部には1,2ミリ径の

カーボンが入る事に成ります 籐の目地にはナイロン系?の黒糸を木工用ボンドを塗り 巻き

付けます。
a0129999_18471331.jpg
a0129999_1847243.jpg
a0129999_18473572.jpg

こちらは野池用 ゴム差し部分約2ミリ径です 真ん中辺り軽くテーパーを付けて有ります

ペーパーで高野竹を摺りますと紋が消えてしまうのがザンネンです。
a0129999_1851020.jpg
a0129999_18511143.jpg
a0129999_18511959.jpg

丹波雲紋竹 四枚合わせの竹足 所どころに紋が出ています。
a0129999_18511959.jpg

a0129999_18571472.jpg
a0129999_18572484.jpg
a0129999_18573123.jpg
a0129999_1857385.jpg


好きな浮き作り自由な発想 人様が作らない浮き 製作していましても時間を忘れのめりこんで

行きます楽しいです浮き作り。

          個性を大事に 軽く 円く 真直ぐに

           へら浮き作家
                   雪月花

by ukiya-setugekka | 2012-02-24 18:58 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き 二枚合わせ竹足

神戸 晴れ 春の匂い 三寒四温

二枚合わせの竹足 ゴム差し部分は1,5ミリ径にとのご注文です 荒仕上げで1,5ミリ径に

羽根接着後に仕上げ磨きで約1,4ミリ径に ウレタン塗り厚で元の1,5ミリ径にでも以外と

計算の通り行かない物です 修正 臨機応変に対処していきます羽根と足の接点は印籠継ぎ

です印籠継ぎですと何も塗らなくて仕上げられます 凸型の部分を旋盤に掴み直角にします

この工程でチャックに掴み回転させ大きく芯振りする足は廃棄しますセンターの出ていない

足でいくら頑張ってもセンターの出た浮きは出来ません迷わず廃棄します直角出しのついでに

羽根 内部に差し込む竹の径を1,5ミリ径に統一します。
a0129999_12423163.jpg
a0129999_124240100.jpg
a0129999_12424733.jpg

by ukiya-setugekka | 2012-02-24 12:43 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へらぶな浮き作家 雪月花

神戸 小雨 春の香り

へら浮き 製作する者も楽しく 面白く 個性豊かに人の真似 流行ば皆同じ浮き

お金に成れば良いだけの考え 浮きはもっともっと面白く 奥が深い個性豊かなへら浮きを

製作 kobi.kさん 大阪のお兄ちゃん 韓国の浮き師の皆さん ブログ見て頂いている方々

しばらく浮き屋返上で浮き作家に安物のホルモン食べてスーパーマンに変身して個性豊かな

面白く持つ人も 作る側も楽しめる浮き 製作します。

                  へら浮き作家
                           雪月花
a0129999_1815103.jpg
a0129999_18151898.jpg
a0129999_18152646.jpg
a0129999_18153643.jpg
a0129999_18155262.jpg
a0129999_18155953.jpg
a0129999_1816623.jpg
a0129999_18161513.jpg

by ukiya-setugekka | 2012-02-23 18:17 | へら浮子制作 | Comments(2)  

玉枠 塗り

頼まれ物の玉枠の塗りです ご依頼主様に無断で塗りまくりました これ 怒られるのと

違います 怒らないでね。
a0129999_1823117.jpg
a0129999_1824123.jpg
a0129999_1824969.jpg
a0129999_1825791.jpg

by ukiya-setugekka | 2012-02-23 18:03 | 弓万力 | Comments(0)  

へら浮き 足用 高野竹

神戸 小雨

足用の高野竹 太さは2ミリ程と大変細いです 採取して10年以上経過しています

今回 遊びで竹足に使用します 2ミリ前後の竹を選り出し 斑の有る竹材を選り出します

節部分は使用しませんので節間のみ火入れし伸ばします細くても油分はかなり有ります

火にかざし浮いた油をボロ布でふき取りますそのまま火入れしますと油で竹 表面は直ぐに

焦げます一度で真直ぐには無理ですので2回~3回ほどの火入れで真直ぐにします

人のしない事をやる 此れが又 楽しい 人は変人と呼びますが…。
a0129999_18432928.jpg
a0129999_18433654.jpg
a0129999_18434245.jpg
a0129999_18435050.jpg
a0129999_18435697.jpg
a0129999_1844313.jpg
a0129999_18441152.jpg

by ukiya-setugekka | 2012-02-22 18:44 | へら浮子制作 | Comments(0)