<   2011年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

黒柿 弓万力  大型

神戸 真夏の暑さ秋はどこ?? 台風が接近??外は凄い風

弓万力 黒柿材の大型大変珍しいと思います たぶんこの一台でしょうね

長竿にも耐えれる様に丈夫に製作しました30尺でも平気です弓の上押さえ板の横揺れ防止の

ピンは前側は取り付けていません 急な下角度に降りる様に お使いになられる方が短竿で

竿掛の角度をどこまで下げるのか解かりませんのでピンは差し込めば良い様に同封しておきます

余り下げても竿掛と万力のネジが接触します。
a0129999_12191438.jpg
a0129999_12194454.jpg
a0129999_12201471.jpg
a0129999_12203083.jpg
a0129999_12204020.jpg
a0129999_12204817.jpg
a0129999_1221631.jpg
a0129999_12211479.jpg
a0129999_12212118.jpg
a0129999_1221298.jpg
a0129999_12213743.jpg
a0129999_12214761.jpg
a0129999_12215741.jpg

by ukiya-setugekka | 2011-08-31 12:23 | 雪月花より | Comments(2)  

へら浮き ウドン浮き 関西版

キンケイ 羽根トップ軸のみにウレタンをかけると直ぐに曲がりそりですね此れでは

ダメです2本張り合わせます 表側と裏側を並べ側面を接着し1本にします 此れに合う木型

が見つかりませんのでペーパーで側面を二分の一削り取ります使用するよりはるかに長めに

接着後真直ぐの所を切り取ります 側面を削り二枚あわせて見ます曲がりが取れればそのまま

接着しますが曲がりが取れない場合は裏技 反りのひどい箇所を真ん中までクサビ状に切り込みを3

箇所程入れます 縦に繊維が走っていますこの繊維を切り込みを入れ分断します一本づつの繊維

は左右交互に切断され方向性を失います孔雀の二枚合わせで曲がり羽根使用可能にも出来ますが完全

クリヤー仕上げは切り込みが見えますので不向きです でも製作後に反り返り防止には勢力を

発揮します あくまで裏技ですよ何かインチキ臭くて孔雀の羽根には実行した事は一度も有りません

名誉のために(爆)。
a0129999_19104695.jpg
a0129999_19105468.jpg
a0129999_1911848.jpg
a0129999_19111924.jpg
a0129999_19113445.jpg
a0129999_1912935.jpg

by ukiya-setugekka | 2011-08-30 19:12 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き  ウドン浮き 関西版

神戸 朝からギラギラの夏 台風が接近中??涼しく成れば 直ぐコスモスの秋 秋

キンケイのハネ ハネ部分をハサミで切り取ります毛ばり製作者はこのハネが必要浮き製作は

軸が必要取り替えて?? 孔雀の羽根も同じですね昔は羽根問屋 日東商会さんでは孔雀の

目玉飾りは切り取り いくらかの値段で買取してくれました 羽根を切り取り軸のみに 羽根の

根元が軸に残っています 240番の空砥ぎペーパーで取り除きますついでに軸 全体にペーパー

をかけウレタン塗りの下地とします このまま寸法切りせずにクリヤーウレタンを塗ります。
a0129999_12294938.jpg
a0129999_12295710.jpg
a0129999_1230683.jpg
a0129999_12301676.jpg
a0129999_12302340.jpg
a0129999_12303333.jpg

by ukiya-setugekka | 2011-08-30 12:30 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き 究極のうどん浮き 関西版

神戸 朝から真夏 秋はどこ それでも夕焼けの美しさ 直ぐ秋 秋

関西版うどん浮き 4,5ミリ径 ストレートタイプ 昭和50年代 うどん釣りが全盛期

竿8尺以上 波除打ち切りまぶし粉はサナギ粉それも油ギラギラの生サナギくさい くさい

マッシュ粉 石粉?ドロ 丸六スイミーこれが一番良い匂いでした 
a0129999_1912246.jpg
a0129999_19123257.jpg
a0129999_19125322.jpg
a0129999_1913633.jpg
たぶんホットケーキの元

うどんはビン入り極小~太まで竿はウドン用硬式穂先三分の一程しか曲がりません魚が掛かれば

引き抜き??隣に迷惑の掛からない様に当時使用の竹竿は 水玉 恵舟 瑞雲(するすみ)

焼き判の読み取れない竿など浮きのトップは殆んどがハネ 白鳥? 白鷺 今回製作する浮きに

キンケイのハネを使用します。

by ukiya-setugekka | 2011-08-29 19:13 | へら浮子制作 | Comments(2)  

へら浮き 関西うどん浮き 4,5ミリ

神戸 外は雨えげつなく降っています おまけに雷鳴 降れもっと降れ秋を連れて来い。

うどん浮き関西版 究極の浮き 浮き屋に成り立ての頃仕事場の近くにうどんの箱釣り

釣堀がありました歩いて15分程です 当時(昭和50年台初め)殆んどの釣堀がうどん専門

でした 仕上がった浮きを喜びいさんで釣り池に このうどん浮きシビアーでしてネ

少しのバランスの狂いで当たりは出ません 悩んで悩んでネ 作ってはダメの繰り返し

でも たまにネ 素晴しい浮きが出来るんですョ うれしくてね バランスをアホな頭をフル回転

さして考えるんです でも答えは出ません作ってはダメ 
a0129999_18573944.jpg
a0129999_18575325.jpg
a0129999_1858333.jpg
a0129999_18582424.jpg
a0129999_18583816.jpg
a0129999_18585369.jpg
a0129999_18591425.jpg
a0129999_18592990.jpg
a0129999_18594741.jpg
作ってはダメの繰り返しですョ

軽く 全体の大きさと何かが?あえば 素晴しい浮きに成ることだけは解かりましたが…

当時の釣り雑誌(総合) 関西のつりの友に今の浪漫さんに良く似た頭の良い人がネ

確か東大出と聞きましたが??難しい浪漫さんと同じ数字 計算を並べて説明する記事が

月一度発行のつりの友 へらぶなコーナーに記載されまして 毎回 読むのですが私の脳味噌

では理解出来ず残念な思いをしました 当時を振り返り関西版究極のうどん浮きを製作します。

by ukiya-setugekka | 2011-08-27 18:59 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き&小物

神戸 朝一番から真夏 クマゼミの鳴き声は少なく 秋は直ぐそこまで

朝一番 黒柿の弓万力の水砥ぎ塗り 午後から5,5センチボデー長の四つ割 仮巻き

次いで製作途中のまま忘れていましたハサミ入れの砥ぎウレタン塗り 次いでエンジュの頭

の調整 カウンターの最終調整と自分で何屋さんか解からなく成ります本当は浮き屋です

昨日は久しぶりに昔から(神戸あけぼの)の仲間が二人で仕事場に遊びに来てくれました

釣仲間は良いですね若い頃は量目釣りに夢中でしたが年行くと一日仲間とワイワイガヤガヤ

楽しいのが一番 差し入れは無糖コーラー。
a0129999_18423376.jpg
a0129999_1842413.jpg
a0129999_18424816.jpg
a0129999_1843335.jpg
a0129999_18431271.jpg
a0129999_184329100.jpg
a0129999_18433956.jpg
a0129999_18434776.jpg
a0129999_18435854.jpg
a0129999_1844659.jpg
a0129999_18441445.jpg

by ukiya-setugekka | 2011-08-26 18:44 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き 切り揃え

神戸 真夏の太陽 野蛮過ぎる少しは加減をして お願いでも直ぐコスモスの秋 秋

カッツケ浮きの5,5号新作追加製作です 5ミリでも此れだけ短い寸法ですとオモリ負荷は

それなりに変わってきます 5号は昨日仮巻きまで済ませました 5,5号四つ割する前に

寸法違いを切り揃えます下部切り取り後に仮巻きしています 下小口を二枚寸を揃えて

仮巻きすれば二枚全て同寸には揃え難く寸法違いが出ます この時点で切り揃えて置きます

製作する浮きの寸法切り 全て同寸に仮に切り取れても二枚合わせれば多少の寸法違いは出ます

一時期何とか上手く全てを同寸 ズレ無しにと思い悩んだ時期も有りましたが…あきらめ

マシタ 次世代の若い浮き師さんに期待しましょう?。
a0129999_18551526.jpg
a0129999_18552353.jpg
a0129999_18553066.jpg
a0129999_18553892.jpg
a0129999_1855453.jpg
a0129999_18555376.jpg

by ukiya-setugekka | 2011-08-25 18:56 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き ポスターカラー 金 水性

銘入れに使用していますポスターカラーです質問に結構多いのが何を使用していますか

結構多いです 写真を参考にして下さい。

大阪の釣具店 活性化に多大な協力をして頂いたロマンさん薄めるの水です正真証明の

純水道水です 余り濃いくしますと筆書きはし難く成ります薄いと金がハッキリと出ません

そのあたりが微妙なコツのコツですね 間違ってもウレタンにポスターカラーを入れない様に

ウレタンに入れるのは金の粉です 真っ赤な偽物ですが…。

ライン引きも同じポスターカラーです2空3時間ほどで乾燥しますが24時間ほど放置乾燥

させれば金の流れも殆んど無く成ります 黒地色物には流れれば良く目立ちますョ

銘入れは600番水ペーパーで良く研い出から書き込みます ライン位ですと塗りぱなしの上

からでも金は乗る事は乗りますが余りお勧め出来ませんが???。
a0129999_1943142.jpg
a0129999_1944035.jpg

by ukiya-setugekka | 2011-08-24 19:04 | へら浮子制作 | Comments(3)  

へら浮き カッツケ 四割り

神戸 朝から夏 秋の気配はどこに… 早く来い秋 コスモスの秋

カッツケ 四割り 切り取り寸法は12ミリです11ミリで製形器にピッタシの場合とそうでない

場合が有ります微妙ですね 上下ジョイントを入れる誘導溝を切ります グラスのソリッド(上)

1ミリ 下カーボン1,2ミリ希望の寸法をハネ内側にセンターを狙って押し付けます羽根の

中綿に形が残りますそこをダイヤモンドやすりで溝を付けますこの溝がセンターです曲がれば

センターも振ります 肩 四つ割りをガラス整形器に差し込みます前もってアルコールランプ

の炎で暖めておきます こう暑いとアルコールランプの炎でも暑いですね 絞りが出来れば

全体を30番白糸で仮巻きします。
a0129999_1848264.jpg
a0129999_1848333.jpg
a0129999_18484154.jpg
a0129999_18484921.jpg
a0129999_18485710.jpg
a0129999_1849559.jpg

by ukiya-setugekka | 2011-08-24 18:49 | へら浮子制作 | Comments(0)  

へら浮き  カッツケ 5号 5,5号

神戸 朝からドシャ降りの雨 少しは加減しろ 関西今日は地蔵盆 子供の神様。

午前中 弓万力の塗り 午後からカッツケ浮きのカーボン足のテーパー削り

カッツケの語源 ヘラをカイツケルの意味から知らなければ何の意味か首かしげますね

希望の寸法にカーボンを切りテーパーを付けます簡単なのは電気ドリルの小型 このチヤックに掴み

ヒザの上に乗せスイッチをオン オフに切り替え12番の空砥ぎペーパーで削れば簡単です

仕上げは320番で軽く削ります 削りカスが付着しますので水洗いしタオルでふき取ります。
a0129999_18432284.jpg
a0129999_18433514.jpg
a0129999_18434982.jpg
a0129999_1844626.jpg

by ukiya-setugekka | 2011-08-23 18:44 | へら浮子制作 | Comments(0)